男40代の婚活!結婚して子供がいる普通の幸せが欲しい!

40代男は婚活で需要がありますか?

40代の男性が、これから婚活を行っていく上で、本当に需要があるのだろうか?と不安に思うこともあるでしょう。
もし、婚活をスタートしても、全く女性から見向きもされないようでは、悲惨ですよね。

40代男性が婚活で需要があるかどうかは、そのご本人のスペックにも影響されるので、一概には何ともいえません。しかし、40代になってから結婚している男性は、多くいらっしゃるので、需要はあるのは間違いありません。

後は、あなたが求めるスペックの女性が、あなたのことを受け入れてくれるのか、ということが大事な要素となってきます。

男性は年収と顔写真で判断される

婚活において、女性が男性に求めるのは、見た目と年収です。
どちらも大事です。

結婚相談所の例で、入会審査の厳しいパートナーエージェントのケースで見ると、年収とは年齢×10倍の数字が最低年収となります。

例えば、あなたが45歳だとします。10倍の数字の年収とは、年収450万円ということになります。
45歳で年収450万円であればOKという意味ではなく、最低限女性にアプローチできる下限はクリア出来ている、という意味です。

年収は多ければ多いほど、スペックの高い若い女性を獲得することが可能になるのは、言うまでもありません。

また、単に年収が高くても、婚活に置いけるプロフィールの顔写真が大事です。
そもそも顔写真が最低限、生理的に受け付けられるという程度でなければ、プロフィール欄の年収さえ見てもらえません。

写真は奇跡の一枚で良いので最高の写真を用意する

プロフィール写真で興味を惹かないと、どんなに良いスペックを持っていても、プロフィールすら読んでもらえません。

女性からしてみると、顔写真が生理的にNGだと、プロフィールを読む必要が無い訳です。
最初から対象外の男性なので。

だからこそ、プロフィールの顔写真は、奇跡の一枚でもOKです。
とにかく、女性の興味を惹き、プロフィールを読んでもらえないことには、その先に進むことができません。

アプローチしても、1秒でNGされるのは間違いないからです。
容姿に自信が有る方でも、自撮り写真はNGです。

なぜならば、「軽く」見えてしまうからです。女性が男性に求めるものは、「家庭を守る」「浮気しない」ことが大きな要因になります。

そのため、「軽く」見えてしまうと、婚活では損をするからです。
さらに、容姿に自信がない人であれば、スタイリスト付きの写真スタジオに撮影してもらうと良いでしょう。

あなたの外見を、本物以上にバッチリ引き出してくれるからです。
間違えても、1万円ぐらいの安い写真屋さんに行かないで下さいね。写真の出来上がりが、全く違います。

最低でも、3万円レベルのスタイリスト付きフォトスタジオが良いでしょう。

需要の有無ではなく、需要を創りだす

40代男性の需要の有無でいえば、需要があるのは間違いありません。ただし、あなたがそれに当てはまるのかは、分かりません。

婚活において写真は命といっても、過言ではありません。
需要があるのか無いのかを考えても仕方ありません。自ら需要を創り出しましょう。

そのための、スタイリスト付きフォトスタジオです。
3万円は写真撮影としては高額かもしれませんが、婚活で女性を獲得するための投資と考えれば、安いものです。

その3万円の投資の有無で、ライバルに差がつくからです。
きっと、多くの人は、婚活のプロフィール写真で、スタイリスト付きのフォトスタジオをチョイスしません。さらにいうならば、写真だけで、3万円以上も投資しません。

だからこそ、ライバルと差がつく要因になり得るのです。